出演アーティスト’24

 

 

 

 

 

 

民謡クルセイダーズ

 

 

かつて戦後間もない頃、偉大なる先達…
東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた
日本民謡とラテンリズムの融合を21世紀に再生させる
「民謡クルセイダーズ/MINYO CRUSADERS」東京西部、
米軍横田基地のある街『福生』在住のギタリスト田中克海と
民謡歌手フレディ塚本を中心にミュージシャンが集まった。

終戦以降米兵の居住エリアだった基地周辺に
今もなお点在している築70年の米軍ハウスの一棟、
通称「バナナハウス」をスタジオとして、セッションをスタート。
クンビア、ビギン、ブーガルー、カリプソ、
アフロ、ルンバ、レゲエ、モーラムなど様々なダンスミュージックと、
失われつつある音楽『日本民謡』との化学反応を試みつづけたバンドは、
数回のメンバーチェンジを行いながら、
2017年に1st Album『ECHOES OF JAPAN』を完成させP-VINEよりリリース。

のちにMAIS UM(UK)より世界リリースも果たし、各方面で絶賛される。
2019年以降はコロンビア、ヨーロッパ、オーストラリアなど
世界各地でのツアーを成功させている。

他、これまでにFRENTE CUMBIERO(コロンビア)とのコラボユニット
「民謡クンビエロ」や、元ちとせとのコラボ
「BLUE NOTE TOKYO」でのワンマンショー
「FUJI ROCK FESTIVAL」をはじめとした各種音楽フェスへの出演、
テレビ東京「シナぷしゅ」への楽曲提供、各種メディア出演など、
ジャンル・国境を跨いだ活動を続け、
2023年には6年ぶりとなる2nd Album
「日本民謡珍道中/TOUR OF JAPAN」をUNIVERSAL MUSIC JAPANよりリリース!

 

 

泉 邦宏

 

 

早稲田大学モダンジャズ研究会でアルトサックスを始める。
ビッグバンド・渋さ知らズでは世界中の貧乏ツアーを経験。
10年以上中心プレイヤーとして活躍後に脱退。
機を同じくしてゲーム音楽の世界に足を踏み入れ、何枚かのリーダーアルバムを出している。
アルトサックスのほかに、ソプラノ、テナーサックス、フルート、尺八、ふえ、
ギター、ベース、パーカッションなど、幅広く楽器を演奏し、
陽気なフリージャズを心がけている。

 

 

かつしか動物公園

 

 

流山クラッシー(vo,per)ひだまなぶ(園長b) 鉄(g)の
3名を中心に2000年頃に結成

その後 現在のメンバーで2014年より “かつ動” 始める
ファースト「かつ動!!」同年5月に発売
音楽の破壊力、破滅的を胸いっぱい力のない歌で捻り出す

2014年8月にはTONERIVERJAM2014に出演!!
同年10月AIOE(我孫子国際野外美術展2014)に
舞踏と音楽のコラボレーション「オーガナニイズム」を出展!!
2015年8月セカンド「中央県」発売
同年12月 舞踏派ZEROの公演「ハルバルト」で音楽を担当
2016年9月サード「イミシン大王」発表Apple musicより配信

過去の共演
2022年 佐々木彩子(p)
2023年 寺内茂(tp)

member:
流山クラッシー(vo,per)ひだまなぶ(園長b)鉄(g)
透明カズ(tp)ナム(d)今川天国(ts)vasu太陽seshadri(per)

 

 

ドドイッツ

 

 

東北の山奥で行われている妖怪秘密パーティー。
そこで演奏される音楽と踊りを人間界に広めるべく活動する
愛と涙と泥だらけのストーリー。
それがドドイッツでアール

aRe yOu exPeriEnCeD??

 

 

舞踏派ZERO

舞踏パフォーマンス

 

1995年 大駱駝艦出身の楠田健人と筆宝ふみえにより結成される。
    スペイン巡回公演、路上パフォーマンス。
    翌年 旗揚げ公演「クラムボンの冒険」。

2002年 「青天に盛典」(再演を含む)。

2014年 2015年、2017年、我孫子国際野外美術展参加。

2015年 「実生ひ」「MA・MA・GO・TO 魔真誤都」
    「蓮の花咲く庭 黄金の泥、笑う蓮」「いと」
    「ハ ル バ ル ト」と五作品を発表

2016年 「スープ  空[zero]をかきまぜる」を発表。
     この作品は[舞踊批評家協会]
     第48回(2016年度) 舞踊批評家協会賞
     舞踊批評家協会新人賞を受賞

2017年 「ブラック・ダイヤモンド」発表。Tokyo Butoh Circus参加

2018年 「、、、and TANGO!鎖を引きちぎれ」発表。
     アジアトライ秋田参加。

2019年 「TSUK i no AkARi 」発表。
     アジアトライ秋田参加。「真夏の夜の浄土」野外ライブ。

2020年 「ぼうふら to  ヒ・ミ・ツ」発表。

2021年 「新・青天に盛典」発表。

2022年 「DO・DO・DO  まわれ!かざぐるま」 発表

2023年 「モノ憑き」 発表

2024年 「スープ 空(zeroをかきまぜる)」再演予定

 

 

深川隆成 /星野由美子 P

 

 

深川隆成
1963年茨城県水戸市生まれ。
同県つくば市在住 2006年からJAZZの日本語訳を始める。
英語歌詞を日本語に直訳すると文字数が多くなってしまい、
そのまま歌えなかったものを、
短歌や俳句の様に同じ意味で文字数を少なくした
違う表現で意訳する人に無い才能がJAZZ評論家諸氏から高く評価されている。
歌に籠められた心模様と風景を届けるのが信条で歌い続けている。
4月から日本語でもJAZZライブ活動展開。
2016年11月には日本語歌唱禁止で名高かった六本木サテンドールで
全曲日本語歌詞のジャズライブを開催。
2022年、2023年サントリーホール公演を開催して好評を得る。
2018年初CD「桜の季節」以降、現在7作品発売。
オリジナル曲は、カラオケで多数配信中。
オリジナル曲の販売や LIVEで得た収益を人類創世の地と言われながら
小学校自体が少なく識字率が低く貧困層の多いアフリカの教育支援、
及びウクライナ復興支援寄付活動中でもある。

 

星野由美子
茨城県水戸出身の女性ジャズ・ヴォーカリスト/ピアニスト。
98年、六本木のジャズクラブ“Misty”にてプロ活動を開始。
2004年に『時空 -toki-』でCDデビューを果たす。
2007年に第23回日本ジャズヴォーカル賞特別奨励賞を受賞して以降は、
首都圏を中心に音楽活動を行なっている。
コンサートやライヴでの演奏のほか、学校での演奏指導や講師なども担当。
2013年12月、約10年ぶりとなる2ndフル・アルバム
『Soleil ソレイユ』をリリース。

 

 

打楽器奏者

松本YAO善行

 

 

2023年5月、約23年在籍したDachamboを脱退し、
自ら製作したバラフォン(瓢箪が共鳴器である木製の音板をもつアフリカの鍵盤打楽器)を
中心としてドラマー、パーカッショニストとしてソロ活動を再始動。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行い、
音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルで
GROOVEを常に探求し続けている、
まさに生粋の打楽器職人である。

2024,2月に初のソロアルバム「Rumble Fish」をリリース!

自身で作製し20年間共に過ごしてきたバラフォン
(アフリカの瓢箪を共鳴器とした木琴音板楽器)の魅力を
最大限引き出したアルバムです。

 

 

モンキースパナ

 

 

ジャズ、ブルース、ノスタルジックのテイストを加えた
完全オリジナルの大人バンド。

 

 

 

 

 

 

経血

 

 

2014年結成。メンバーは、
まり(vo)タサキ(g)刺激(b)ツトム(dr)
80年代の日本のハードコアパンクを基盤に
現代らしい不満や生き辛さを歌にする。

 

 

下田 雄人Group

 

 

ベースに世界的に活躍中の日野jino賢二、
スティービーワンダーのコーラス等、
大物アーティストのコーラスを多々している
ヴォーカル Jayをゲストに迎え、
ファンク、ソウル、ジャズなど幅広いジャンルで
国内外で活躍中のギターリスト下田雄人と
このメンバーでしか出せないサウンドを
是非、お楽しみください。

 

 

チンパンジー

 

 

水戸を中心に活動中
2023 アルバム テーマオブチンパンジー リリース

 

 

なのるなもない×

     YAMAAN

feat.toto

 

 

ラッパー・スポークンワーズアーティストのなのるなもないと、
プロデューサー・トラックメイカー のYAMAANによるユニット。

なのるなもないは2002年頃から志人とのユニット「降神」として活動。
日本語のヒップホップの 言語表現の枠を大きく拡張してきた。
ソロでは「 melhentrips」「アカシャの唇」などの作品を発表し、
日常の中にある小宇宙を詩的な感覚ですくいあげて、
ラップやスポークンワーズという形 で表現してきた。

YAMAANは降神や多彩なアーティストが在籍する
クルーTemple ATSのメンバーとして活動を開始。
近年はVHSの映像コラージュを使用したライブも行うなど
様々なジャンルを行き来しながら活動している。

2人は2023年にアンビエントやヒップホップが融合した
幻想的な共作アルバム「水月」をリリースした。

今回の霞ヶ浦KOHANロックのステージでは、
SUIKAのMCとしても活動し様々な形で言葉の世界を探求している
詩人totoを客演に迎えたライブを予定している。

 

 

浜小路ヨハン

 

 

1984年2月21日生まれ。土浦市出身。
スウェーデン人の母親と日本人の父親を持つ。本名。
2005年ごろから音楽活動を始め、プロのミュージシャンを目指すが2009年の結婚を機に、
アマチュアミュージシャンとして音楽を一生続けることを選択していた。
地元茨城県内で500回以上のステージに立ち、100回以上の小規模音楽イベントを手掛ける。
コロナ禍から始めた自主企画『SUBJECTIVE LATE SHOW』は50回を超え、そのほとんどが規定の収容人数でソールドアウトとなる。
2022年4月、13年間務めた大手清掃会社を退社し、プロミュージシャンとして旗揚げ。
まずは実力試しと、弾き語りスタイルで全国行脚を開始する。
その高いライブパフォーマンス力と楽曲の良さがウケ、各地のコアな音楽ファンに評価される。
2023年4月22日に自身初となるホールワンマン『開花宣言』を茨城県南生涯学習センターにて開催。また同日に土浦駅前周遊サーキットイベント『TSUCHIURA JACK 2023』を開催し、両イベント合わせて350名以上を全国から動員。
2023年11月に『メジャーに行くためにアルバムを作りたい』という思いから、
クラウドファンディングを実地。
ローカルミュージシャンとしては異例の270万もの支援を得る。
現在、そのための音源を制作中。
好きなものは、お酒と猫。そして人。

 

 

日々かりめろ

 

 

年間ライブ本数日本一を掲げ、全国各地をドサ回りしている
茨城発アコースティック”モンスター”ユニット。
結成から毎年フルアルバムをリリースし、
これまで7枚連続で手売り手渡し1000枚を達成している。
自他共に認める「生き急ぐ中年二人組」。
11月23日(祝)の有楽町マリオンでの東京単独ホールコンサートに向けて全力疾走中!

 

 

フーチーロッカーズ

 

 

フーチーロッカーズです

性懲りもなく
また動き出しました

喜ばれてんだか
イヤがられてんだか
そんなもん知らね

貴方が止めろと言っても
止めねーし
貴男がヤレと言っても
やらねーよ

自分の為にやってるからね

ざまぁみろ

 

 

天野県

 

 

元気なおじさん

 

 

mamio

 

 

旧八郷出身。看護師として働き、2人の娘を育てるシングルマザー。
中学生から、さまざまな バンド活動を経て2020年Mami音TELを結成。
同じ頃アコギを手に入れ作詞、作曲を始め、2021年7月より弾き語りをスタート。

憧れのステージ、私の弾き語り人生、遅いスタートですが、
人は幾つになってもどんな状況でも行動に移す事で叶う!と言う事を、
私を通して感じて頂けたらなと思います。

拙い音楽ですが
自分に正直な音楽を届けたい。

 

 

AND MORE!

まだまだこれから

追加発表予定!

お楽しみに!!